スロージョギング ダイエット法

先にスロージョギングのことをお話しましょう。スロージョギング®は歩くスピードで走る簡単な健康法です(スロージョギングの動画)。こう聞くと楽と思いませんか?

 ジョギングはウォーキングと同じ心拍数で比較してもきつく感じにくいので長続きします(左図 坂本研究)。ここが大事です

 心拍数が高い方がエネルギー消費量は高く、脂肪を多く燃やすことができます。実際にはウォーキングの約2倍の消費量です。これがスロージョギングの最大の特徴です。

楽ってことは笑顔が保てるので、分かりやすく伝えるためにニコニコペースと言っています。だから運動が苦手っていう人に特にオススメしています。

ニコニコペースの効果って、減量が出来るだけでなく、

・糖質の取り込み能がアップする(坂本研究

・スタミナが上がる

・太腿の筋肉が強くなる(スロージョギングと踏台昇降なら)

といったものがあります。

実はWAKEのダイエットコースの宿題はスロージョギングが半分を占めてます。ってことで見様見真似でゆっくり走り始める人がいます。ところが私の経験上、見様見真似でスロージョギングをきちんと出来ている人は殆どいません。

 

高齢者に「ニコニコ笑顔で走りましょう」って指示に、個々人の最適スピードで走れていた人は17人中13名で、4名は乳酸がたくさん溜まるハードな運動になっていました(左図 坂本研究)。これは心臓にとても負担のかかるレベルで、しかも膝を痛める危険性も高くなります。走るとついつい飛ばしてしまうんですね。

 

こういったところが見様見真似の危ないところ!

 

そこで、スロージョギングを発案された田中宏暁先生の門下生であった坂本がスロージョギングの走り方、ダイエット法からスタミナアップ法までプログラムをご提供致します。